足立区綾瀬の学習塾、おすすめを一挙ピックアップ!

塾は何歳から通わせるべき?

塾は何歳から通わせるべき?

 

進学校を目指したいならばなるべく塾に通わせておいたほうが成果も出やすくなります。
学校の勉強だけではやはり受験には不十分ですが、実際には塾は何歳から通わせたほうが良いのでしょうか。
あまりにも早く通わせることのデメリットはあるのでしょうか。
子供を塾に通わせる際にはこうしたことも気になるものですが、ここではそんなポイントについて紹介します。

 

塾に通わせるべき年齢の目安

塾に通わせるべき年齢についてはいろいろな考え方があります。
「小学校入学と同時に塾に通わせるべき」

といった意見もあれば、

「塾は高校入学からでも決して遅くない」と考える人もいます。
絶対に塾に通わせないといけないワケでもありませんから、塾に通わせるべきかどうかは親の裁量に大きく任されています。

このため迷ってしまうものでもありますが、目安としては、

「受験の一年前までには塾に通せておく」のも良いでしょう。
例えば、進学校に中学入学時に入らせたいのであれば6年生になったら塾に通わせるようにしておくと良いでしょう。
一年もあれば受験対策も十分にできるようになります。
もっと受験に向けて準備万端に臨みたいならば一年半以上前から通わせることもおすすめです。

 

〇学校の勉強の成果

他にも、学校の勉強の成果を尺度にして塾に通わせるかどうか考えることもできます。
例えば、学校の勉強で置いてきぼりになっているようであれば塾に通わせて苦手対策をしておきたいところ。
勉強に対して苦手意識を持ってしまうと大変ですから、早めに塾に通わせて対策しておきたいところです。
特に英語、数学、国語といった基礎科目の成績が落ちている場合にはなおさらです。

〇進学

中学校進学、高校進学を機にして塾に入らせるのも効果的です。
こうすれば塾にもより早く慣れてくれるようにもなります。
進学を機にして塾に入らせることで学校の授業で遅れを取るなんてこともなくなります。
受験まで時間もありますから、より余裕を持って受験対策をさせられるのも利点でしょう。

 

〇早く通わせれば良いわけではない!

他にも、よく誤解されることでもありますが塾に早く通わせれば良いというものでもありません。
早く塾に通わせればそれだけ塾にも慣れてくれるようにもなり、勉強癖もつきやすくなります。
しかし、その分だけ余計な費用もかかるだけでなく、子供の遊び時間などを削ることにもなりかねないのです。
このように早く塾に通わせる弊害もありますから、塾に通わせる年齢についてはじっくり検討しておきたいところでしょう。

 

塾嫌いの子供にさせないために

実際に塾に通わせる際には気をつけておきたいことがあります。
例えば、塾通いをさせることで子供が塾を嫌いになってしまうことがあります。
これは子供にとっても親にとっても不幸なことです。
塾嫌いになることで勉強そのものを嫌いになってしまい、塾に通わせることが逆効果になることもあります。
また、一度塾嫌いになるとそれを直すのは至難の業でもあります。
こうしたこともあり、

何よりも「最初に塾嫌いにさせない」こと

が求められてくるのです。

塾嫌いの子供にさせないためにもしておきたいことは多いものですが、塾嫌いにさせないためにも無理に塾に通わせるのはやめておきたいところです。
いやいや塾に通わせても効果は上がりにくいもの。
むしろ、塾の必要性を丁寧に話して子供に塾の必要性を理解させる事が大事でしょう。
場合によっては子供が自ら塾に通いたいと言ってくることもありますが、そうなればしめたものです。

 

塾を好きになってくれれば成績も自然とあがりますからなるべく子供に塾好きになってもらうように仕向けたいところでもあります。
塾の成績が上がったら欲しいものを買ってあげるというようにご褒美を上げるのも効果的です。